各部紹介

機械部

役割

機械部では、安全の確保を最優先して定められた品質・数量の製品を人員・設備・材料等を有効に活用して最適な時期に最小のコストで生産し、お客様に安心と安全をお届けしています。
機械部は、海田製造課(第一機械係・第二機械係・仕上係)・機械技術課(設備保全係・生産技術係)・機械管理課(管理係・検査係)で1部、3課、7係で組織、運営されています。

海田製造課/第一機械係・第二機械係・仕上係

機械部、製造では、機械加工品 約38万個/月、鋳物手仕上げ品 約30万個/月をそれぞれ自動ライン・手作業ラインで生産をしタイムリーにお客様に供給しています。日々継続的に改善をし生産活動・環境活動にも取り組んでいます。

機械技術課/設備保全係

工場内の設備保全活動を通じて設備・要具などの維持・改善活動を行い製造工程を安定的に稼動する為の支援を行っています。社内工事依頼による製造設備などの製作及び補修、工場内諸工事の立案・推進も行っています。

機械技術課/生産技術係

初期流動管理を行い早期の量産立ち上げをめざし製造技術・生産工程の改善を行い稼動・品質・コスト低減活動を行っています。試作品の加工を行い、加工時の問題点の把握と量産時への反映情報の展開をしています。

機械管理課/検査係

検査基準を設定・工程品質の検査・品質調整活動などを通じて製造工程のおける定められた品質のつくりこみを支援しています。また、計測機器、検査具の保守点検、計測システムの解析による妥当性確認を行っています。

機械管理課/管理係

工場の生産要求計画に基づく生産計画に立案・推進および生産活動の総括ならびに製品・資材などの物流業務を通じて、円滑かつ効率的な生産活動の実績を図っています。また、製品の在庫管理・納品管理および産業廃棄物の排出管理も行っています。

ページの先頭へ

ページのトップへ戻る