各部紹介

生産技術部

役割

生産技術部は、量産製品の設計・開発と狙いの品質・コストを満足する工程設計開発を行ない、初期流動管理を受け持っています。早期の量産立上げを目指して不具合に対する問題解決を図るとともに、生産技術・生産工程の改善を進めます。また、効率的な生産活動を行うための生産設備、建屋、ユーティリティ設備などの工事の主管元を担っています。

職場紹介1

生産技術部に所属する生産技術係では、主として新しい部品(新規部品)を量産化していくという業務に取り組んでいます。図面で綿密に事前検討を行い、試作でトライしながら品質評価やコスト評価、及び生産性の評価を精度高く行って、自社共にお客様に喜んで頂ける製品造りの実現に向けて活動しています。

 

職場紹介2

生産技術部に所属する設計係では、新規部品の立ち上げにおいて、試作型や量産型の作図から型製作に取組むとともに、実際に鋳物を鋳造する以前で、欠陥や問題を見つけ出すため、CAE解析を活用して、溶湯流れや凝固のシミュレーションなどを行っています。また、量産で発見された問題を設計の立場で解決策を立案し、新規立ち上げに展開するなど、品質向上においても大きな役割を担っています。

 

職場紹介3

生産技術部に所属する設備技術係では、新規部品の立上や現行設備の効率アップのために、鋳造設備、機械加工設備、治具の新規設計、改造設計を行っています。製造現場での問題点を素早くフィードバックし、次世代へ向けて生産性、品質、安全性を満足したより良い設備のタイムリーな展開に取り組んでいます。

 

ページの先頭へ

ページのトップへ戻る